トレンドライン+水平線

ドル円トレード解説

1時間足の水平線とトレンドラインを割れた後の売りエントリーパターンを紹介します

1時間足

ドル円1時間足ですが146.2に抵抗帯がありました。 また、機能していたトレンドラインも割ってきました。この時点で売り狙いに切り替えました。1時間足だけを見ると上昇トレンドですが、4時間足以上では下落トレンドとなっています。

このように1時間足トレンドとは逆方向でも根拠が2個以上揃えば逆張りでエントリーすることもあります。

※トレンドラインは3点以上機能しているラインのみ有効です。2点のみで引いたラインはあまり優位性がありません。

5分足

5分足です。あとは水平線の下で売りサインが出たところでショートするだけですね。決済サインが出る(自動決済される)まで放置です。

含み益中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です